バスロケシステムのメリットデメリット

バスロケシステムのメリットやデメリットを徹底比較

バスロケとは一体何なのかわかりやすく説明します

「バスロケ」という言葉を知らない。聞いたことない。と思う人もいるかもしれません。そんな人でも普段バスを利用していれば、名前は知らずにバスロケを使っていたかも。「バスロケ」とは、バスロケーションシステム(Bus Location System))の略です。無線やGPS、パケット通信などで全国のバスの位置情報を収集し、バスの運行情報や所要時間の情報を提供することで、利用者がバスの待ち時間や大体の所要時間を知ることができるシステムのことです。バス停には携帯でバスロケにアクセスするアドレスやQRコードが貼られていたりします。今ではバスロケは日本中で利用されており、高速バスから路線バス、幼稚園バスまで、様々なバスの運行状況を携帯やパソコンで知ることができるようになっているのです。

【バスロケを使って、バスを待つイライラを解消】

バスロケ(バスロケーションシステム・Bus Location System)は、バスとバス停にアンテナをつけたり、GPSやパケット通信を使ってバスの移動情報を集め、その時間にバスが運行している位置と、移動の時間がわかるよう、ビジュアル化したものです。一般的にはバス停にQRコードやバスロケにアクセスするためのアドレスの表示があり、そこにアクセスすることで運行情報を見ることができます。大きな電動式の表示板のあるバス停などでは、バス停自体に運行状況が分かるように表示があることもあります。その情報を見て、バスの位置や所要時間が確認できます。鉄道と違い時間通りの運行が難しい場合も多いバスですが、バスロケを利用すればより効率的な移動が可能ですし、いつ来るかわからないバスを待ちながらイライラする。ということも解消されます。また、この情報はバス会社がバスを定時運行するためにも利用されています。

【バスロケは日本中のバスで利用されています】

日本中の多くのバス会社が現在このシステムを利用しています。リムジンバスや高速バスにもバスロケがありますし、小さなコミュニティのバスや幼稚園の送迎バスにも。普段自分が使うバス会社のもの以外の運行情報も、インターネットで検索すれば簡単に知ることが出来ます。バスロケの見かたは大体どこのバス会社のものでも共通です。携帯でバスロケのサイトにアクセスし、利用する路線を選ぶと、始発バス停から終点までのバス停が並んでおり、その横に、バスの画像が停まっています。実物のバスが移動すれば、画像のバスも移動します。バス会社によって違う部分もありますが、バス停の間には4分、5分と分数が表示され、リアルタイムのバス停からバス停までの所要時間がわかります。自分がいるバス停以外のバス停を選択すると、選択したバスの停留所からの所要時間がわかります。接近情報をメールで通知することができるものあり、非常に便利になっています。

「勤怠管理」クラウド型サービスだから、いつでもどこでもネットで確認可能! 「輸配送進捗管理サービス」リアルタイムで輸配送の進捗状況を管理。 タイムリーに高速バス・コミュニティバスの運行状況を管理します。 運送・物流業界も積極活用しています。導入実績は800社・1万台超え! クラウドサービスで業務効率化・信頼アップ!ドライバーの負担軽減! docoですcarでバスロケサービスをもっと身近に